Here's LARVA web shop : all designed by MINAMI (POIKKEUS) from OSAKA . JAPAN

WILLIAM HEIRENS(ウィリアム・ハイレンズ) T-shirts/ natural BODY

5,200円(内税)

  • サイズ
購入数
▼TシャツBODY:5.0oz 
▼BODYカラー:ナチュラル

サイズ(cm)
▼XS:着丈/64 身幅/45 袖丈/16
▼S :着丈/65 身幅/48 袖丈/20
▼M :着丈/68 身幅/50 袖丈/20
▼L :着丈/71 身幅/53 袖丈/21
▼XL:着丈/75 身幅/53 袖丈/22
※単位はcm
※繊維製品ですので、±1〜2cmの誤差があります。ご了承下さい。

[フロントプリント]
上 部にはニューヨークドールズよろしくLIPSTICK KILLERSの文字の上に
Heirens was called THE LIPSTICK KILLERS due to a notorious message scrawed in lipstick at a crime scene.
(ハイレンズは犯罪現場に口紅で書いた悪名高いメッセージを残していた為、リップスティックキラーと呼ばれた)
をプリント。

上部のLIPSTICK KILLERSの文字も黒ボディにフィットするようにインクも変えています。

WILLAM HEIRENSの忍び込む写真とともにフェティシズム要素の写真をコラージュ、
それにHEIRENSの牢獄越しの写真を赤で重ね刷りしています

下部にはドイツの医学者・精神科医クラフト・エビングの著書のタイトル、
PSYCHOPATIA SEXALIST(性的精神病理)の文字をプリント。


裾にはLARVA・SERIAL KILLER SERIESをプリント

[バックプリント]

HEIRENSがリップスティックキラーと呼ばれた所以の殺人現場に残された口紅で書かれた文字
For heavens
sake catch me 
before I kill more
I cannot control myself
(コントロール出来ないんだ、これ以上殺す前に早くオレを捕まえてくれ)をプリント

右下部にはの文字を助けを求めるかの様な手と
message on wall he has the cry of the heart(壁に書かれたメッセージは彼の心の叫びである)をプリント。







 1945年6月5日、未亡人のジョセフィン・ロス(43)が殺害された。
頭を殴打され、首から喉にかけて何度も刺されていた。ベッドの上は血の海だが、遺体は綺麗だ。
どうやら犯人は遺体を浴室まで運んで洗ったらしい。
そして、刺し傷に粘着テープを貼り、首に赤いスカートとストッキングを巻きつけて、全裸のまま放置した。
性犯罪に思われたが、強姦の痕跡はなかった。
死亡時刻は午前10時30分と推定された。
 室内を調べた結果、現金や貴金属がなくなっていることが判明した。
警察は強盗の線でも捜査を進めた。
しかし、単なる物盗りではないことは遺体の異常な状況から明らかだ。指紋は検出されなかった。

《それは単一の事件のように思われたが、12月に入って、海軍の元婦人部隊員がアパートで殺されるという事件が起きた。
犯人は被害者の口紅を使って
「頼むからまた誰か殺さないうちに私をつかまえてくれ。自分をおさえられないんだ」
と壁に書いていた。
現場に残された証拠から、この二つの殺人は関連している可能性があると警察は考えた。
だがその証拠はあまりに凄惨で、新聞には載せられないということだった。それがどんなものか、私には見当もつかなかった》

 同年12月10日、フランシス・ブラウン(30)が殺害された。
遺体は浴室で跪き、浴槽にもたれ掛かるような格好で倒れていた。浴槽内の水は血に染まっていた。
全裸で、首にはパジャマの上着が巻きつけられており、ほどくと左耳の下から反対側に突き抜けるほどの深い刺し傷があった。頭と腕には銃創もあった。
 半年前のジョゼフィン・ロスの事件とそっくりだ。
いずれも遺体が洗い流されており、首が刺されて衣類が巻きつけられている。全裸であるにもかかわらず、強姦はされていない。明らかに同一犯の犯行である。
 だが、1つだけ大きく異なる点があった。このたびは壁にメッセージが残されていたのだ。

 For heavens
 sake catch me
 before I kill more
 I cannot control myself

 これが口紅で書かれていたことから、犯人は「リップスティック・キラー」と呼ばれるようになった。



年が明けてすぐに、また事件が起きた。これは前の二つの殺人とは一見無関係のように思えた。
スザンヌ・デグナンという6歳の女の子が自宅の部屋から連れ去られて殺されたのだ。
切断された死体の一部が、あちこちの下水道で発見された。
シカゴの住民はみな、この残忍な殺人事件に震えあがった。親たちは子供たちの身の安全を心配した。
幼い女の子を殺して切り刻むとはいったいどんなやつだろう? 怪物なのか、人間なのか? 
9歳の私には、そんな恐ろしい犯罪を犯すのがどんな人間か想像もできなかった。
だがスザンヌを殺した犯人をつかまえるところを空想することはできた。
おそらく私はこの事件におびえ、空想することでその恐怖に対処しようとしたのだろう。
だが、恐怖感より好奇心の方が強かったのも事実だ

1946年1月6日夜、スザンヌ・デグナン(6)が誘拐された。寝室には以下のような脅迫状が残されていた。
「2万ドル用意して待て。FBIや警察には知らせるな。金は5ドル札と10ドル札にしろ」
 翌日の夕方、付近のマンホールからスザンヌの頭部が発見された。続けて周辺の下水道から両足と2つに切断された胴体が見つかった。両腕が見つかったのは6週間後のことだった。
 検視の結果、死亡時刻は午前1時頃と推定された。つまり犯人は誘拐後に直ちに殺害したのである。
そして、すぐに見つかるような場所に棄てたということは、身代金の要求はおそらく狂言だろう。
犯人の目的は金ではなく、殺人そのものと思われた。
 警察は脅迫状の筆跡がフランシス・ブラウンの件の「壁に残されたメッセージ」に似ていることに注目した。
たしかに、2つの事件には共通点がないが、同一犯の可能性は否定出来なかった。

《ウィリアム・ハイレンズはその夏つかまった。
彼がスザンヌと二人の女性を殺したことは、私にとって驚異だった。殺害の理由は、窃盗を働いているところを見つかったというものだった。窃盗は「性的な性格のもの」と描写されていたが、その時代の道徳的慣習にしたがって、それ以上の説明はなかった。性について何も知らなかった私は、その部分については無視した。後年、私は性的な窃盗、つまりフェティシズム的窃盗について普通の人よりはるかに詳しく知ることになる》

「フェティシズム的窃盗」とは、要するに「下着泥棒」のことである。ハイレンズは下着泥棒の常習犯だった。
 厳格な母親に「性交渉は病気のもと」と禁欲的に育てられたハイレンズは、女性そのものよりも下着に興味を持つようになった。少年時代から下着泥棒を繰り返し、それを身につけることで初めて精通を迎えた。
13歳の時に銃を所持していたかどで逮捕されたが、この時には既に押し込み強盗11件、放火6件の前歴があった。

 矯正施設を出所後、シカゴ大学に進学したが、悪癖は相変わらずだった。
むしろ両親から離れたことでエスカレートしたと云えるだろう。この頃には窓から侵入するだけで射精するようになっていた。恐るべき早漏である。そして、遂に最初の殺人を犯す。ジョゼフィン・ロスの件である。

 さすがにこれはヤバいと考えたハイレンズは変態性欲に関する研究書を読み漁り、下着を求めて出掛けないようにと服をすべて戸棚に入れて鍵をかけた。
しかし、衝動は抑えきれず、素っ裸で夜の町を駆けずり回ったというから呆れてしまう。
本当に自分をコントロール出来なくなっていたのであり、壁に残したメッセージは心の叫びだったのだ。そして、スザンヌ・デグナンをバラバラにした頃には、殺人そのものにエクスタシーを感じるようになっていた。

 やがて侵入窃盗で逮捕されたハイレンズはすべてを自供し、シカゴを震撼させた連続殺人事件は解決した。終身刑を宣告されて、イリノイ州刑務所における最長服役期間記録を今もなお更新中である。

おすすめ商品